自営業の年収と手取りの違い

経費も自分で支払う職業

会社員として働く場合は経済活動を行う際にかかる必要経費は会社が支払います。その為備品などの購入費用を社員が支払う必要はなく、会社から給与から所得税や健康保険料などが天引きされて残った金額が手取りになります。
しかし自営業者は雇用されている訳ではないので必要な経費も自分で捻出していきます。自営業者の場合は確定申告をする時に経費として使った金額を申告する事で売り上げから経費が差し引かれて残った金額が所得となります。所得税や住民税も売り上げから経費を差し引いた利益から算出された金額を納める事になり、手取りはその税金を支払って残った金額です。経費を認めてもらうにはその証明となる領収書がないと認められません。何らかの理由で用意できなければたとえ本当に経費がかかっていても認められません。

事業に必要な物でなければいけない

事業に必要な仕入れなどを行った時は領収書など証明できる物を用意しておけば確定申告の際に経費として認めてもらえます。しかし事業に関係のない支出は経費として認められません。もし意図的に存在しない人件費等の経費を申告していた場合は脱税行為なので厳しく罰せられます。意図して行っている場合には申告漏れなどと違い悪質とみなされた場合は起訴される場合もあります。
意図的に行った訳でなくても申告ミスがあれば正しく修正された金額から正しい税金額が計算されて追加徴収されて附帯税を支払う必要が出てくるのでそのような事態にならない為にも確定申告を行う時にわからない事があれば管轄の税務署に問い合わせるか税理士に相談すると良いです。

© Copyright Online Courses. All Rights Reserved.